低金利でお金を借りる方法とは

お金を借りると、必ず返済しなければなりません。そのさいには元金とともにお金を借りた手数料として金利を支払うことになります。金利は年利という形で定められており、日本の法律では出資法の上限20%を超える金利を設定した場合には刑事罰の対象となるので、違法な貸し付けを行っている会社を除けば、それ以下での貸し付けが行われています。また出資法とは別に利息制限法があり、こちらは10万円以下は年利20%、10万円以上100万円以下は年利18%、100万円以上は年利15%と上限が定められています。消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスなどでは、この利息制限法に近い金利が設定されているので、高金利と言われます。一方で、銀行や信用金庫などの金融機関が提供するローン商品の多くは年利10%以下が多く低金利と言われています。
ただし、高金利も低金利も基準とするものが提供される商品の平均的な金利である点に留意する必要があります。例えば用途自由なお金を借りるさいに利用するカードローンやキャッシングなどは全体的に金利が高くその幅も年利18%から年利5%の間と言われます。そのためこの中間の年利11.5%以下が上限金利であれば低金利と言えます。
お金を低金利で借りる方法としては、もともと低金利な商品を選ぶことが重要ですが、一部の消費者金融では新規の借り入れなどに無利息期間を設けているところがあり、これを利用すると、その期間中であれば利息が付かないので、結果的に低金利で借りることが可能です。

カードローン会社を比較したい時は


カードローン比較表へ


その他の人気記事一覧♪

【今すぐ借りたい!】最短・即日融資に対応したカードローン
【比較して調べたい!】みんなに人気のカードローンとは?
【なるべく金利を抑えたい!】無利息サービスのあるカードローン
【初めてでも安心♪】あなたに合ったカードローンの選び方