主婦がお金を借りる時のローン

主婦がお金を借りる場合は就業しているかで二つのパターンに分かれます。
一つはパートや正社員として就業している場合です。
このケースは安定した収入を得ているので単独でお金を借りることができます。
消費者金融でもパートも対象にしており、一部の銀行のカードローンでも利用できます。
二つ目のパターンとしては専業主婦の場合です。
こちらは仕事をしていないので、お金を借りることは返済能力の観点から難しいと言えます。
ただし、こちらも一部のカードローンで専業主婦の利用に対応しているものがあり、その場合は利用できます。
配偶者の収入証明書の提出も不要としているものがありますが、夫の収入によって審査状況が変わることがあります。
また、収入証明書の提出が不要なだけで配偶者の収入は申告することになるので、必要な書類を含めて貸付条件を確認することをおすすめします。
主婦の場合はやはり仕事を持っていることで審査は有利に働きます。
パートでも勤続年数が長いと実績となり、与信ポイントも高くなります。
パートの収入では大きな限度額にはならないものの、継続して収入を得ている方は金融会社の貸付条件にも合致します。
その他、主婦を専門に取り扱うカードローンは少ないのですが、レディースローンを取り扱っている金融会社は多いので、初めての方は女性専用のキャッシングもおすすめです。
女性が担当窓口になり、審査から融資まで一連の手続きを担当しているので安心です。

カードローン会社を比較したい時は


カードローン比較表へ


その他の人気記事一覧♪

【今すぐ借りたい!】最短・即日融資に対応したカードローン
【比較して調べたい!】みんなに人気のカードローンとは?
【なるべく金利を抑えたい!】無利息サービスのあるカードローン
【初めてでも安心♪】あなたに合ったカードローンの選び方